キャリアを解約すると違約金が・・格安SIMに乗り換えたら損する?

キャリアから脱出できない原因に違約金があります。
解約金は2年ごとに更新されて2年目きっかり、4年きっかりでないと9,500円の解約手数料がかかります。

それで格安スマホに乗り換えると一人でも9500円4人家族だった4枚もかかってこれで損するのではないかと二の足を踏んでいる方も少なくありません。

格安スマホに乗り換えたら違約金より高い手数料がかかるのでしょうか。
合計では安くならないのでしょうか。そんな気を見ていきたいと思います。

格安スマホに乗り換えた方が安くなる

違約金が4万円4人分かかったとしても格安スマホに乗り換えた方が料金は安くなります。

というのは月額料金が圧倒的に安いから

freetel50gb

月額料金は6000円なところを1500円にすることができれば差額は4,000円です。

ですので3ヶ月もあればすぐに違約金を回収することができます。3ヶ月で違約金を回収してしまえばあとは安い月額料金を払い続ければいいこと

差額がどんどん広がって5年後には5万10万というような非常に高い値段の差がついてしまいます。
ですので2年目を待たずにすぐに解約して乗り換えてしまった方が安く上がります。

機種変更の費用を考えても・・

また機種を新しく変更しなくてはいけない
auやソフトバンクの形は機種代がかかるから格安スマホに乗り換えると糖分は出費が重いと考えている方も恋のではないでしょうか。

確かにキャリアと違って格安スマホにすると端末代を自分で払わないといけないので傍目から見ると負担が大きいように見えます。

しかしキャリアでも端末料金は0円ではなく分割して払っているので無料で端末をもらっているわけではありません。

そして格安スマホには安い機種が実はたくさん用意されています。
例えば安いものでは1万円のものから2万も出せば相当いいものが買えます。
3万円のハイスペックな機種です。

ので一回2万円の機種代を我慢すれば乗り換えてしまった方が安くなります。

 

違約金が気になるから、
乗り換えた時の端末代が高いから、

格安スマホに乗り換えるのためらっているという方は
是非違約金と格安スマホの月額を比較して安いことを実感した上で検討してみてください。

こちらのサイトは格安SIMの通話かけ放題プランの比較が充実していますね。

機種変更や電話プランの比較もかねて見ておくと良いでしょう

格安SIMかけ放題の比較

コメントを残す

このページの先頭へ